HOMEニュース世界柔道代表が帰国 井上監督「チームは進化」

ニュース

世界柔道代表が帰国 井上監督「チームは進化」

カテゴリ:その他競技情報
2015.09.01
世界柔道代表が帰国 井上監督「チームは進化」
成田空港に到着し、花束を手にする柔道男子代表の(右から)井上康生監督、羽賀龍之介、永瀬貴規、大野将平=1日(共同)

 柔道の世界選手権(アスタナ=カザフスタン)に出場した日本代表が1日、成田空港に帰国して記者会見を開き、男子の井上康生監督は「リオに全てが懸かっている。チームは間違いなく進化しており、さらなる強さを身に付けられるように頑張る」と来年のリオデジャネイロ五輪に向けて気を引き締めた。
 男女各7階級の個人戦で3個ずつの金メダルを獲得。これまで苦戦してきた階級で初優勝を遂げた若手の台頭が目立ち、大きな収穫を得た。(共同)





ページトップへ