HOMEニュース体操、日本女子が団体制覇 アジア選手権、杉原個人V

ニュース

体操、日本女子が団体制覇 アジア選手権、杉原個人V

カテゴリ:その他競技情報
2015.07.31
体操、日本女子が団体制覇 アジア選手権、杉原個人V
女子団体で優勝し、笑顔の杉原愛子(中央)ら日本代表=広島県立総合体育館(共同)

 体操のアジア選手権第1日は31日、広島市の広島県立総合体育館で女子の団体・個人総合が行われ、日本が231・800点で2大会ぶりの団体制覇、個人総合でも15歳の杉原愛子(大阪・梅花高)が58・050点で初優勝、寺本明日香(中京大)が57・750点の3位に入った。
 寺本、笹田夏実(日体大)に加え、杉原、内山由綺(スマイルク)や宮川紗江(セインツク)湯元さくら(中京大)の成長株で臨んだ日本は、跳馬、床運動でトップの得点をマーク、2位中国に0・850点差をつけ、リオデジャネイロ五輪の出場権を懸けた世界選手権(10〜11月・英グラスゴー)へ向けて勢いをつけた。(共同)





ページトップへ