HOMEニュースアーチェリー、古川が五輪代表に 4大会連続

ニュース

アーチェリー、古川が五輪代表に 4大会連続

カテゴリ:オリンピック
2015.07.31
アーチェリー、古川が五輪代表に 4大会連続
男子個人準決勝 矢を放つ古川高晴=コペンハーゲン(共同)

 【コペンハーゲン共同】リオデジャネイロ五輪の出場枠を懸けたアーチェリーの世界選手権は30日、コペンハーゲンで男子個人の決勝トーナメントが行われ、準決勝に進んだロンドン五輪銀メダルの古川高晴(近大職)が上位8選手に無条件で与えられる出場枠を獲得した。全日本連盟は枠を得た選手をそのまま代表とするため、4大会連続の五輪出場が決まった。
 準決勝ではオランダ選手に敗れ、決勝進出は逃した。今大会で日本は女子の団体と個人3、男子は個人1の出場枠を獲得した。男子は11月のアジア選手権、来年6月のワールドカップ(W杯)で残る枠の獲得を目指す。





ページトップへ