HOMEニュースフェンシング、太田が世界一 世界選手権第4日

ニュース

フェンシング、太田が世界一 世界選手権第4日

カテゴリ:その他競技情報
2015.07.17
フェンシング、太田が世界一 世界選手権第4日
16日、フェンシングの世界選手権第4日、男子フルーレ個人で初優勝し、メダルを手に喜ぶ太田雄貴=モスクワ(AP=共同)
フェンシング、太田が世界一 世界選手権第4日
男子フルーレ個人で優勝し、喜ぶ太田雄貴=モスクワ(ロイター=共同)

 【モスクワ共同】フェンシングの世界選手権第4日は16日、モスクワで男子フルーレ個人の決勝トーナメントが行われ、2008年北京五輪銀メダリストの太田雄貴(森永製菓)が決勝でアレクサンダー・マシアラス(米国)を15―10で破り初優勝した。個人、団体を通じ、日本勢で史上初めての世界一となった。
 太田は準々決勝で12年ロンドン五輪覇者の雷声(中国)、準決勝ではゲレク・マインハート(米国)をともに15―9で倒した。太田が世界選手権の表彰台に上がるのは銅メダルを獲得した10年大会以来。





ページトップへ