HOMEニューススケート長島が現役引退 バンクーバー五輪銀メダル

ニュース

スケート長島が現役引退 バンクーバー五輪銀メダル

カテゴリ:その他競技情報
2015.04.17
スケート長島が現役引退 バンクーバー五輪銀メダル
長島圭一郎(共同)

 10年バンクーバー冬季五輪のスピードスケート男子500メートルで銀メダルを獲得した長島圭一郎(32)が現役を引退すると、所属する日本電産サンキョーが17日、発表した。
 北海道・池田高から日大を経て、05年に日本電産サンキョーに入社。初出場だった06年トリノ五輪は500メートルで13位、1000メートルで32位だったが、同じチームの加藤条治と競い合いながら力をつけた。日本記録を持つ1000メートルも強く、短距離2種目で争われる世界スプリント選手権でも09年に総合2位となった。
 昨年のソチ五輪は500メートルで6位。W杯は500メートルで通算13勝を挙げた。(共同)





ページトップへ