HOMEニュースリオ五輪マスコットはビニシウス 「イパネマの娘」に由来

ニュース

リオ五輪マスコットはビニシウス 「イパネマの娘」に由来

カテゴリ:オリンピック
2014.12.15
リオ五輪マスコットはビニシウス 「イパネマの娘」に由来
リオデジャネイロ五輪のマスコット「ビニシウス」(左)とパラリンピックのマスコット「トム」=11月24日、リオデジャネイロ(ロイター=共同)

 【リオデジャネイロ共同】2016年リオデジャネイロ夏季五輪の大会組織委員会は14日、猫と猿、鳥をミックスしたイメージの五輪マスコットの名前が「ビニシウス」に決まったと発表した。植物をイメージしたパラリンピックのマスコットは「トム」となった。
 ブラジル出身の音楽家でボサノバの名曲「イパネマの娘」を作詞したビニシウス・モラエス氏、作曲したアントニオ・カルロス・ジョビン氏(愛称トム)に由来している。11月下旬に候補が発表され、一般からの投票で決まった。





ページトップへ