HOMEニューススケート、15歳吉永が千五百V 全日本距離別ST

ニュース

スケート、15歳吉永が千五百V 全日本距離別ST

カテゴリ:その他競技情報
2014.10.12
スケート、15歳吉永が千五百V 全日本距離別ST
 男子1500メートル決勝 優勝した吉永一貴(66)=小瀬スポーツ公園アイスアリーナ(共同)

 スピードスケート・ショートトラックの今季開幕戦、全日本距離別選手権第1日は11日、山梨県小瀬スポーツ公園アイスアリーナで行われ、男子は1500メートルで名古屋経大市邨中3年の15歳、吉永一貴が優勝した。500メートルはソチ冬季五輪代表の坂下里士(トヨタ自動車)が制した。
 女子は500メートルで菊池萌水(早大)、1500メートルで斎藤仁美(オーエンス)が優勝した。
 今大会の成績により男女各6選手を11、12月のワールドカップ(W杯)第1〜3戦に派遣するが、吉永は年齢制限により選出できない。(共同)





ページトップへ