HOMEニュース重量挙げ、三宅や八木ら代表入り 世界選手権、15人を発表

ニュース

重量挙げ、三宅や八木ら代表入り 世界選手権、15人を発表

カテゴリ:その他競技情報
2014.07.15

 日本重量挙げ協会は15日、2016年リオデジャネイロ五輪の各国・地域代表枠争いが始まる世界選手権(11月・アルマトイ=カザフスタン)の代表15人を発表し、女子53キロ級はロンドン五輪48キロ級銀メダルの三宅宏実(いちご)や同五輪代表の八木かなえ(金沢学院大)が名を連ねた。男子は105キロ超級の太田和臣(九州国際大職)や62キロ級の糸数陽一(警視庁)が入った。
 今年と来年の世界選手権の成績で決まる五輪代表枠で、岡本実強化本部長は「五輪予選の第1段階。20年東京五輪の開催国枠がリオでの枠数を参考に決まる見通しなので、6年後も意識している」と話した。(共同)





ページトップへ