HOMEニュース国立競技場の座席、譲渡始まる 解体前に撤去し自治体へ

ニュース

国立競技場の座席、譲渡始まる 解体前に撤去し自治体へ

カテゴリ:オリンピック
2014.06.17
国立競技場の座席、譲渡始まる 解体前に撤去し自治体へ
国立競技場の解体に伴い、取り外される座席=17日午前、東京都新宿区(共同)

 2020年東京五輪・パラリンピックなどに向けて国立競技場(東京都新宿区)が解体されることに伴い、不用となった座席などの備品を譲渡先の自治体に引き渡す作業が17日、同競技場で始まった。
 初日は座席66席を譲り受ける静岡県裾野市の職員らが、スタンドからの撤去と搬出の作業にあたった。座席は市内の陸上競技場に移設する。
 競技場を管理・運営する日本スポーツ振興センター(JSC)は備品の再利用を進めるために譲渡先を公募し、岩手県北上市や福島県伊達市、長野県駒ケ根市など全国12自治体が計約1万5千席の座席やテーブルなどを持ち帰る。(共同)





ページトップへ