HOMEニュース東京五輪、宮城とも連携強化 森会長「被災地と一緒に」

ニュース

東京五輪、宮城とも連携強化 森会長「被災地と一緒に」

カテゴリ:オリンピック
2014.06.16
東京五輪、宮城とも連携強化 森会長「被災地と一緒に」
共同文書を交わした、宮城県の村井嘉浩知事(左)と東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長=16日午後、宮城県庁(共同)

 2020年の東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は16日、宮城県の村井嘉浩知事と県庁で会談し、組織委と宮城県で今後連携を強化するとした共同文書を交わした。
 森会長は「(東日本大震災被災地の)皆さんと一緒にやっていきたい」と話した。村井知事は「20年は震災復興計画の最終年。国内外の方に復興状況を見てもらい、世界中の温かい支援に感謝する絶好の機会になる」と歓迎した。
 森会長は同じ内容の共同文書を、この日午前に訪れた岩手県知事とも交わしている。近く、岩手、宮城、福島の被災3県の知事や職員と組織委が意思疎通を図るための連絡協議会を立ち上げるという。(共同)





ページトップへ