HOMEニュース陸上、男子100mは塚原が優勝 東日本実業団選手権

ニュース

陸上、男子100mは塚原が優勝 東日本実業団選手権

カテゴリ:その他競技情報
2014.05.17

 陸上の東日本実業団選手権第1日は17日、福島市のとうほう・みんなのスタジアムで行われ、男子100メートルは2008年北京五輪代表の塚原直貴(富士通)が10秒57(向かい風2・7メートル)で優勝した。同棒高跳びは昨年の世界選手権代表の荻田大樹(ミズノ)が5メートル61で制した。(共同)





ページトップへ