HOMEニュース萩野公介、史上初の6冠ならず 百背泳ぎは入江V

ニュース

萩野公介、史上初の6冠ならず 百背泳ぎは入江V

2014.04.11
萩野公介、史上初の6冠ならず 百背泳ぎは入江V
男子100メートル背泳ぎ決勝で2位の萩野公介(手前)。奥は優勝した入江陵介=東京辰巳国際水泳場(共同)
萩野公介、史上初の6冠ならず 百背泳ぎは入江V
女子50メートル平泳ぎ決勝 31秒30の日本新で優勝した鈴木聡美=東京辰巳国際水泳場(共同)

 競泳の日本選手権は11日、東京辰巳国際水泳場で行われ、萩野公介(東洋大)は男子200m自由形を1分45秒89で制したが、100m背泳ぎは53秒08の2位で史上初の6種目制覇はなくなった。ロンドン五輪銅メダルの入江陵介(イトマン東進)が52秒57で勝った。
 女子50m平泳ぎは、ロンドン五輪メダル3個の鈴木聡美(ミキハウス)が31秒30の日本新記録で優勝。自身が2011年4月にマークした31秒40を塗り替えた。
 女子400m個人メドレーは清水咲子(日体大)が4分36秒86で初制覇。男子1500m自由形は山本耕平(ミズノ)が14分59秒67で勝った。(共同)





ページトップへ