HOMEニュースジャンプ竹内に長野市民栄誉賞 「4年後は金メダルを」

ニュース

ジャンプ竹内に長野市民栄誉賞 「4年後は金メダルを」

カテゴリ:オリンピック
2014.04.11
ジャンプ竹内に長野市民栄誉賞 「4年後は金メダルを」
長野市の加藤久雄市長(右)から表彰状を受け取る竹内択選手=11日午後、長野市役所(共同)

 長野市は11日、ソチ冬季五輪ノルディックスキージャンプ男子団体で銅メダルを獲得した竹内択選手(26)=同市在住=に市民栄誉賞を贈った。
 竹内選手は五輪前、アレルギー性肉芽腫性血管炎の可能性が高いと診断され、一時は4、5キロも体重が落ちた。市役所で表彰状を受け取ると「病気は良くなってきて、薬の量も減ってきた。4年後の平昌五輪では金メダルを取りたい」と決意を口にした。
 加藤久雄市長は「不屈の闘志で日本の皆さんに勇気と希望を与えてくれた。次の五輪を目指して頑張って」と祝福した。
 長野市は2日、竹内選手を表彰する予定だったが、検査入院のため延期していた。(共同)





ページトップへ