HOMEニュース羽生と浅田をギネス認定 フィギュアのSP世界最高

ニュース

羽生と浅田をギネス認定 フィギュアのSP世界最高

カテゴリ:オリンピック
2014.04.10

 ギネス・ワールド・レコーズ社は10日、フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)と女子の浅田真央(中京大)がショートプログラム(SP)で樹立した世界歴代最高得点をギネス世界記録に認定したと発表した。11日に東京・国立代々木競技場で行われるアイスショー「スターズ・オン・アイス」の公演後に認定証を授与する。
 羽生は金メダルに輝いた2月のソチ冬季五輪で世界初の100点超えの101・45点をたたき出した。浅田は3月の世界選手権でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めて78・66点をマーク、2010年バンクーバー五輪でのキム・ヨナ(韓国)の記録を塗り替えた。(共同)





ページトップへ