HOMEニューススポーツにおける文部科学大臣顕彰・表彰式を開催

ニュース

スポーツにおける文部科学大臣顕彰・表彰式を開催

カテゴリ:その他活動
2013.08.29
スポーツにおける文部科学大臣顕彰・表彰式を開催
受賞者を代表してあいさつを行う上野由岐子選手(ソフトボール/写真:アフロスポーツ)
スポーツにおける文部科学大臣顕彰・表彰式を開催
スポーツ功労者顕彰を受章した女子野球チーム(写真:アフロスポーツ)

 スポーツにおける文部科学大臣顕彰・表彰式が27日、都内で開催されました。式典には受章者160人に加え、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恆和会長、青木剛副会長兼専務理事をはじめとする関係者23人が出席。下村博文文部科学大臣から代表受章者に対して、顕彰・表彰状が授与されました。

 今回は2012年1月23日から2013年4月23日の間に行われた各競技の世界選手権や第27回ユニバーシアード競技大会(2013/カザン)で優秀な成績・記録を残した選手とその指導者、ロンドンオリンピックのメダリストや世界選手権で優秀な成績を挙げた選手に対し継続的な支援を行った団体などが対象。スポーツ功労者顕彰は95名、国際競技大会優秀者表彰は161名、スポーツ功労団体表彰は37団体がそれぞれ受章しました。

 受章者を代表して2012年に開催された第13回世界女子ソフトボール選手権で優勝した上野由岐子選手があいさつに立ち、「私たちが、世界の舞台で活躍することができましたのも、熱心に指導してくださったコーチやスタッフ、所属企業や学校のサポートはもとより、国民の皆様からいただいた温かい激励と声援の賜物であると心より感謝しております」と謝辞を述べました。





ページトップへ