HOMEニュース柔道GS、女子63キロは高市V 男子73キロ、橋本が優勝

ニュース

柔道GS、女子63キロは高市V 男子73キロ、橋本が優勝

カテゴリ:その他競技情報
2022.12.03
柔道GS、女子63キロは高市V 男子73キロ、橋本が優勝
女子63キロ級決勝 渡辺聖子(左)と対戦する高市未来=東京体育館(共同)

 柔道のグランドスラム東京大会第1日は3日、東京体育館で男女計6階級が行われ、女子63キロ級は東京五輪代表の高市未来(旧姓田代=コマツ)が5試合を勝ち抜いて優勝した。決勝は渡辺聖子(警視庁)に指導3の反則勝ち。世界選手権覇者の堀川恵(パーク24)は準決勝で渡辺に敗れ、3位だった。
 男子で73キロ級は世界選手権2位の橋本壮市(パーク24)が決勝で古賀颯人(神奈川・慶応高教)に優勢勝ち。81キロ級は小原拳哉(パーク24)が決勝で東京五輪金メダルの永瀬貴規(旭化成)を優勢で下した。(共同)





ページトップへ