HOMEニュース夏休み子ども企画「日本オリンピックミュージアム×味の素㈱『勝ち飯®』栄養バランスの良い食事について考えてみよう」を開催

ニュース

夏休み子ども企画「日本オリンピックミュージアム×味の素㈱『勝ち飯®』栄養バランスの良い食事について考えてみよう」を開催

カテゴリ:イベント
2022.08.16
夏休み子ども企画「日本オリンピックミュージアム×味の素㈱『勝ち飯®』栄養バランスの良い食事について考えてみよう」を開催
参加した子どもたちと松田丈志さん、河辺愛菜選手(写真:アフロスポーツ)※撮影時のみマスクを外しています
夏休み子ども企画「日本オリンピックミュージアム×味の素㈱『勝ち飯®』栄養バランスの良い食事について考えてみよう」を開催
『勝ち飯®』勉強会を実施(写真:アフロスポーツ)

 日本オリンピック委員会(JOC)は8月1日、日本オリンピックミュージアムで、各競技団体(NF)、アスリート、TEAM JAPANパートナーとともに、スポーツを通じてより広く社会とコミュニケーションすることを目的とした試みの一環として、トップアスリートを“食”の面で長年支えてきたTEAM JAPANオフィシャルパートナーの味の素株式会社協力のもと、小学校高学年の子どもたちと保護者を対象としたイベントを開催しました。

 当日は講師としてオリンピアンの松田丈志さん、ゲストアスリートにはTEAM JAPANネクストシンボルアスリートで、北京2022冬季オリンピックに出場した河辺愛菜選手(スケート・フィギュアスケート)が登場しました。当日のプログラムは2部に分かれて、「勝ち飯®」勉強会と日本オリンピックミュージアム見学会が行われました。


夏休み子ども企画「日本オリンピックミュージアム×味の素㈱『勝ち飯®』栄養バランスの良い食事について考えてみよう」を開催
講師を務めた松田丈志さん(写真:アフロスポーツ)
夏休み子ども企画「日本オリンピックミュージアム×味の素㈱『勝ち飯®』栄養バランスの良い食事について考えてみよう」を開催
ゲストアスリートの河辺愛菜選手(写真:アフロスポーツ)

■ワークショップ「栄養バランスの良い食事について考える『勝ち飯®』勉強会」

 まず初めに、松田さんがアンバサダーとして活動している「勝ち飯®」について紹介した後、味の素株式会社がJOCと取り組んできた日本代表選手等を支援する「ビクトリープロジェクト」について説明。続いて、松田さんは目標を達成するために必要な要素として「トレーニング」「休養」「栄養」の3点を挙げ、すべてバランスよく向き合うことが大事であると語りました。それから松田さんの現役時代の話や河辺選手の事例を交えつつ、「成長期のカラダと食べる量」「食事の『勝ち飯®』」「補食の『勝ち飯®』」の3つのテーマで講座を実施しました。ワークショップの時間では、参加者のみなさんに撮影してきてもらった食事写真を見ながら、1日の3食(朝昼晩)のバランスなどを一緒に確認していきました。

 まとめとして、松田さんが「今、皆さんはまさに体が急速に成長するタイミングです。ぜひ、食事を大切にしてほしいと思います。今日から行動を変えることで、皆さんの目標に到達する可能性が変わってくるのではないかと思いますし、食事を変えると体を変えることができます。ですから、最初は2週間こだわってやってみると、ちょっと変わってきたなと実感があると思うので、その実感を得られるところまでやってみてほしいと思います」とメッセージを送りました。

 最後の時間は、参加した子どもたちから松田さんと河辺選手へ「好きな食べ物」「甘いものを食べ過ぎないために気を付けるべきこと」などの質問が出され、勉強会は締めくくられました。


夏休み子ども企画「日本オリンピックミュージアム×味の素㈱『勝ち飯®』栄養バランスの良い食事について考えてみよう」を開催
2階のEXIBITION AREAを見学(写真:アフロスポーツ)
夏休み子ども企画「日本オリンピックミュージアム×味の素㈱『勝ち飯®』栄養バランスの良い食事について考えてみよう」を開催
「オリンピックゲームス」エリアでアスリートの身体能力に挑戦(写真:アフロスポーツ)

■日本オリンピックミュージアムを見学

 次のプログラムでは、松田さんと河辺選手も一緒に参加し、ミュージアム2階のEXIBITION AREAの見学会が行われました。日本オリンピックミュージアム室 学芸員が子どもたちを引率し、オリンピックの歴史や価値について学びました。見学会では「オリンピックって何だろう?」という問いかけのもと、オリンピックシンボルや各大会の聖火トーチなどの展示品を見学し、自分なりのオリンピックに考えを深めてもらいました。そして「オリンピックゲームス」エリアでは、子どもたちがジャンプコーナーやシンクロコーナーなど、オリンピアンの身体能力に挑戦し、盛り上がりました。

 見学終了後には、参加した子どもたちと松田さん、河辺選手で記念撮影が行われました。最後に松田さんからは「オリンピックミュージアムを見てもらいましたが、オリンピックムーブメント、オリンピックの活動の中での変わらない精神というものがあり、今まさに戦争や新型コロナウイルス感染症が流行している中で、そういうものと人類は戦ってきた歴史の中に、オリンピックがあります。ぜひ、オリンピックを通じて、そういったことを学びながら、これからもオリンピック・パラリンピックを大好きになってもらって、出たいと思う人は出場を目指して頑張ってもらって、そしてオリンピックを応援してもらえたら嬉しいと思います。どうもありがとうございました」とコメントし、河辺選手からは「これから私もオリンピックを目指して頑張るので、目指している方は一緒に出られたら嬉しいです。ありがとうございました」とコメントし、イベントが締めくくられました。


前後のニュース




ページトップへ