HOMEニュースパリ五輪、女子マラソン閉幕日に 男女平等の精神、史上初

ニュース

パリ五輪、女子マラソン閉幕日に 男女平等の精神、史上初

カテゴリ:その他競技情報
2022.07.26
パリ五輪、女子マラソン閉幕日に 男女平等の精神、史上初
写真撮影に応じるIOCのバッハ会長(左)とパリ五輪組織委員会のエスタンゲ会長=25日、パリ郊外(共同)

 【パリ共同】2024年のパリ五輪開会式まで26日で2年となるのを前に、大会組織委員会は25日、パリ郊外の本部で記者会見を開いて競技日程や大会のスローガンを発表した。男女平等の精神を日程にも反映させるとして、五輪史上初めて女子マラソンを男子の翌日の五輪閉幕日に実施する。
 組織委のアロイジオ報道官は「女子の競技は常に男子の前という考えを固定化させないよう、バランスを取る」と説明した。卓球でも初めて女子の種目が競技を締めくくる。大会の理念を表すスローガンは、パラリンピックと共通で「広く開かれた大会に」とした。





ページトップへ