HOMEニュース就職支援「アスナビ」:向江彩伽選手(フェンシング)の採用が決定

ニュース

就職支援「アスナビ」:向江彩伽選手(フェンシング)の採用が決定

カテゴリ:就職支援
2021.03.08
就職支援「アスナビ」:向江彩伽選手(フェンシング)の採用が決定
向江彩伽選手

 日本オリンピック委員会(JOC)が実施するトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用して、向江彩伽選手(フェンシング)が「城北信用金庫」に採用されました(2021年4月1日付入社)。
 今回でアスナビによる就職実績は、206社/団体、329名となりました。※詳細は下記、リンク先の「アスナビ」ページをご参照ください。

 向江選手は、2018年全日本フェンシング選手権で団体優勝、個人2位、2019年全日本フェンシング選手権で団体優勝など、数多くの好成績を残しています。

 今回採用が決まり、向江選手は「4月より、社会人アスリートとして競技を続けさせて頂けることに心から感謝申し上げます。これからは、社会人としての自覚を持ち、金庫の方々はもちろん、日頃よりご声援頂いている皆様へ恩返しができるよう、オリンピックへ出場し、メダルを獲得することを目標に日々精進して参ります。また、スポーツを通して培った経験を業務に活かし金庫に貢献するとともに、人間的にも魅力のあるアスリートになれるよう努めて参ります」と抱負を述べました。

 JOCでは今後も一人でも多くの選手と一社でも多くの企業が、双方にとってプラスになる雇用関係を実現出来るよう「アスナビ」を通じた就職支援を行っていきます。





ページトップへ