HOMEニュース第24回オリンピック冬季競技大会(2022/北京)TEAM JAPAN結団式、ならびにエールパフォーマンスを実施

ニュース

第24回オリンピック冬季競技大会(2022/北京)TEAM JAPAN結団式、ならびにエールパフォーマンスを実施

カテゴリ:オリンピック
2022.01.31
第24回オリンピック冬季競技大会(2022/北京)TEAM JAPAN結団式、ならびにエールパフォーマンスを実施
第24回オリンピック冬季競技大会(2022/北京)TEAM JAPANの結団式が行われた。左から原田雅彦総監督、郷亜里砂旗手、髙木美帆主将、伊東秀仁団長(写真:フォート・キシモト)

 日本オリンピック委員会(JOC)は1月29日、東京都内で第24回オリンピック冬季競技大会(2022/北京)のTEAM JAPAN結団式を、秋篠宮皇嗣同妃両殿下ご臨席の元、行いました。

 式典には選手124名、監督・コーチ等138名のTEAM JAPAN総勢262名(1月29日時点)のうち、伊東秀仁団長、原田雅彦総監督、髙木美帆主将(スケート/スピードスケート)、郷亜里砂旗手(スケート/スピードスケート)が出席。また、海外での遠征・合宿等に参加している選手らを除く約80名がオンラインで出席しました。


第24回オリンピック冬季競技大会(2022/北京)TEAM JAPAN結団式、ならびにエールパフォーマンスを実施
山下泰裕JOC会長(写真:フォート・キシモト)
第24回オリンピック冬季競技大会(2022/北京)TEAM JAPAN結団式、ならびにエールパフォーマンスを実施
伊東団長(左)から郷旗手へと団旗が授与された(写真:フォート・キシモト)

 最初に国歌演奏が行われた後、主催者を代表して山下泰裕JOC会長が登壇。昨年開催された東京2020大会を振り返り「社会が動き始める中でスポーツが希望の光となりえること、また、アスリートが誰かの勇気になれること。このスポーツが持つ純粋で大きな価値に改めて気づかされました」と述べると、「コロナ禍の分断された世界でスポーツは人と人とをつなぎます。北京2022冬季大会に臨む選手たちには、東京2020大会で躍動したアスリートの思いをつなぎ、自らが全力で競技に取り組む姿勢を通して、多くの方々に勇気、希望、感動を届けてくれることを期待しております。支えてくださった多くの方々への感謝と、TEAM JAPANの一員としての誇りを胸に、フィールドで生き生きと輝いてほしい。そして、己を信じ、仲間を信じて、精いっぱい戦っていただきたいと切に願っております。選手の皆さん、ともに頑張っていきましょう」と挨拶しました。

 続いて、TEAM JAPANの伊東団長をはじめ、髙木主将、郷副主将ら各競技の選手団を紹介。団旗授与では、秩父宮殿下よりご下賜の団旗が山下会長より伊東団長へ、伊東団長より髙木主将介添えの下、郷旗手へと授与されました。


 その後、秋篠宮皇嗣殿下がおことばを述べられ、日本代表選手団を激励されました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 本日、2月4日から中華人民共和国の北京市を中心に開催される第24回オリンピック冬季競技大会に参加されるTEAM JAPANの皆さまにご挨拶できますことを誠に嬉しく思います。

 このたびのオリンピック競技大会においては、スキー・フリースタイルのビッグエア男女、ボブスレーの女子一人乗りの他、スキー・ジャンプ、フリースタイルのエアリアル、スノーボードクロス、スケート・ショートトラックのリレーにおいて4つの混合種目も新たに加わり、前回の平昌大会を上回る7競技109種目が実施されると伺っております。

 この大会に向けては、COVID-19の影響により、練習環境も含めて大変困難を伴うことが多かったことと思います。そのような中、出場される方々には、厳しい選考を経て日本代表になられたことをお慶び申し上げます。

 今回は、通常の冬季オリンピックとは大きく異なる環境で開催される大会となります。参加される皆さまには、感染症への対応に十分心を配られつつ、競技の場に臨んでは、日頃の成果を存分に発揮されることを期待しております。そして、スポーツを通じての国際親善に努めていただくことを願っております。

 皆さまのご活躍をお祈りし、結団式に寄せる言葉といたします。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇


第24回オリンピック冬季競技大会(2022/北京)TEAM JAPAN結団式、ならびにエールパフォーマンスを実施
伊東秀仁団長(写真:フォート・キシモト)
第24回オリンピック冬季競技大会(2022/北京)TEAM JAPAN結団式、ならびにエールパフォーマンスを実施
髙木美帆主将(写真:フォート・キシモト)

 TEAM JAPANからは伊東団長が代表して挨拶に立ち、前回の平昌2018冬季大会を上回る選手数を派遣できることは競技力向上の成果であり、また、コロナ禍の困難な状況の中でも努力し続けた選手やスタッフ、周囲のサポートによるものとして感謝の言葉を述べました。そして「選手の皆さんが、オリンピックという素晴らしい舞台で最高のパフォーマンスを発揮することを楽しみにしています。選手団の皆さんは日の丸を胸につけた誇りと自覚を持ち、行動規範を遵守し、自らの持てる力を大いに発揮してください。そして、オリンピックを通して、スポーツの持つ価値、力を広く国民の皆さまにお伝えするとともに、『人間力なくして競技力向上なし』のスローガンのもと、TEAM JAPANとして心ひとつに全身全霊で臨みましょう」と呼びかけました。

 最後に郷旗手介添えの下、髙木主将が決意表明を行い、「私たちは第24回オリンピック冬季競技大会の名誉あるTEAM JAPAN選手団に選ばれたことを誇りとし、自覚と責任を持って大会に臨みます。この2年間のコロナ禍により多くの難しい状況が続いてきましたが、周囲、そして社会の多くの方に支えていただき、この日を迎えることができました。今大会では感謝の気持ちを込め、選手それぞれがベストのパフォーマンスを発揮できるよう、全力を尽くしてまいります。また、日の丸の誇りを胸に『人間力なくして競技力向上なし』のスローガンのもと、行動規範を遵守し、参加各国・地域からの選手団との友好と国際親善にも努めてまいります。昨年開催された東京オリンピックの選手たちの活躍には、同じアスリートとして、また声援を送る側としても多くの刺激を受けました。今回は我々冬季競技の活躍が日本中へ勇気と明るさを届け、社会の未来への希望となれるよう、スポーツの力を信じて、TEAM JAPAN一丸となって全力を尽くすことを誓います」と述べました。


第24回オリンピック冬季競技大会(2022/北京)TEAM JAPAN結団式、ならびにエールパフォーマンスを実施
エールパフォーマンスではMCの中山秀征さんがARで映し出された応援メッセージなどを紹介
第24回オリンピック冬季競技大会(2022/北京)TEAM JAPAN結団式、ならびにエールパフォーマンスを実施
ARによる紙飛行機の演出とともにLittle Glee Monsterが熱唱

 結団式の後、オンラインを通じてTEAM JAPAN選手団へ向けたエールパフォーマンスが行われました。
 中山秀征さんの進行のもと、北京へと飛び立つ滑走路をイメージしたステージが紹介されると、そこには、紙飛行機とともに国民の皆さんからTEAM JAPANへ寄せられた応援メッセージの数々がAR(拡張現実)技術で浮かび上がり、視聴している選手へと届けられました。そして、応援パフォーマンスとして、mplusplusによる光と音楽が融合したダンスが披露され、続いて女性ボーカルグループのLittle Glee Monsterが「これまでの日々、そして、たくさん努力してきた自分自身を信じて、皆さんがベストを尽くせますように」という思いを込め『世界はあなたに笑いかけている』、『ECHO』の2曲を熱唱。伸びやかな歌声に合わせて、ARで映し出された無数の紙飛行機が舞いながら一機の大きな飛行機となり、さらに再び国民の皆さんからの応援メッセージが選手へと送られ、最後は「TAKE OFF」の文字とともに飛び立つ演出となりました。
 MCを務めた中山さんも最後に「皆さんがこれまで努力してきた日々、また、挑戦し続けてきたその熱意は必ずや実を結ぶと信じております。選手の皆さんが最高のパフォーマンスを発揮できますように、そして、何よりも北京オリンピックという舞台を思い切り楽しんでいただけるために、心から応援したいと思います。飛び立て北京へ、TAKE OFF! 行ってらっしゃい」とエールを送りました。

 エールパフォーマンス終了後には記者会見が行われ、TEAM JAPANの伊東団長は「我々は選手たちがリラックスして、厳しい中でも最高のパフォーマンスが発揮できるように、しっかりとサポートしていきたいと思っています」、原田総監督は「私も団長と同じ思いです。2人で力を合わせて選手たちを全力でサポートして、選手たちが皆さまに感動を伝えられるパフォーマンスを発揮してもらうように、一生懸命頑張ってまいります」と改めて意気込みを述べました。
 そして、15歳でオリンピックに初出場したバンクーバー2010冬季大会から12年経ち、主将という立場で北京2022冬季大会に臨めることを誇りに思うと語った髙木主将は「今回は私が若手を引っ張っていけるように頑張っていきたいと思いますが、実際は自分ができることは限られているとも思っているので、自分が集中すべきことにしっかりと目を向けて、一つひとつ取り組んで越えていきたいと思います」と抱負。また、郷旗手は「旗手という大役のお話をいただいたときは、私で務まるのかなと思ったこともありましたが、数多くいる選手団の中から選んでいただいたので、TEAM JAPANの一人として、チームの代表として責任を果たして、しっかりと務めていきたいと思います」と力強く述べました。





ページトップへ