HOMEニュースアーチェリー、早川漣9年ぶりV 愛知県での全日本選手権

ニュース

アーチェリー、早川漣9年ぶりV 愛知県での全日本選手権

カテゴリ:オリンピック
2020.11.01
アーチェリー、早川漣9年ぶりV 愛知県での全日本選手権
リカーブ女子決勝 矢を放つ早川漣。3度目の優勝を果たした=愛知県岡崎市(共同)

 アーチェリーの全日本選手権最終日は1日、愛知県の岡崎市龍北総合運動場で行われ、リカーブ女子は2012年ロンドン五輪団体銅メダルの早川漣(デンソーソリューション)が9年ぶり3度目の優勝を果たした。東京五輪代表最終選考会に勝ち残っている早川は決勝で杉本智美(ミキハウス)を6―4で下した。
 男子は桑江良斗(近大)が決勝で大貫渉(サガミ)に6―4で勝って初優勝。ロンドン五輪銀メダリストの古川高晴(近大職)は準々決勝で敗退した。(共同)





ページトップへ