HOMEニュース服部勇馬「内容が良かった」 中部実業団陸上、1万メートルで

ニュース

服部勇馬「内容が良かった」 中部実業団陸上、1万メートルで

カテゴリ:オリンピック
2020.10.09
服部勇馬「内容が良かった」 中部実業団陸上、1万メートルで
男子1万メートル 力走する服部勇馬(手前)=多治見市星ケ台競技場(共同)

 陸上の中部実業団選手権は9日、岐阜県の多治見市星ケ台競技場で男子1万メートル(タイムレース)が行われ、東京五輪マラソン代表の服部勇馬(トヨタ自動車)は28分16秒28だった。12月のマラソンに向けた調整の一環として28分30秒を目標に走ったそうで「タイムに関しては上出来だが、それ以上に内容が良かった」と手応えを口にした。
 9月には1万メートルの自己ベストを更新。「自分自身の力を高めていけるように頑張っていきたい」と意気込んだ。
 佐藤敏信監督は服部が数日前、42・8キロを走る練習を合宿で行っていたと明かし「本当に順調にきている」と評価した。(共同)





ページトップへ