HOMEニューストランポリン岸大貴、拠点で練習 「刺激が入った」

ニュース

トランポリン岸大貴、拠点で練習 「刺激が入った」

カテゴリ:オリンピック
2020.06.09
トランポリン岸大貴、拠点で練習 「刺激が入った」
昨年のトランポリン世界選手権を前に調整する岸大貴=2019年11月(共同)

 トランポリン男子で東京五輪代表を目指す岸大貴(ポピンズ)が9日、強化拠点としている東京都北区の国立スポーツ科学センター(JISS)での練習を再開した。電話取材に応じ「跳ね返りが強い、いい台。やるだけで刺激が入ったのを感じた」と久しぶりの台での跳躍を振り返った。
 新型コロナウイルスの影響でJISSを利用できなかった期間は都内の施設などで体を動かしたという。練習量が落ちていただけに「跳んでみて、フィジカル的に追いついていない」とまずは状態を取り戻すことを課題に挙げた。(共同)





ページトップへ