HOMEニュース全英女子オープン優勝の渋野日向子選手に最優秀賞 令和元年度JOCスポーツ賞表彰者決定

ニュース

全英女子オープン優勝の渋野日向子選手に最優秀賞 令和元年度JOCスポーツ賞表彰者決定

カテゴリ:お知らせ
2020.04.28
全英女子オープン優勝の渋野日向子選手に最優秀賞 令和元年度JOCスポーツ賞表彰者決定
最優秀賞を受賞した渋野日向子選手(写真:ロイター/アフロ)

 日本オリンピック委員会(JOC)は、4月28日、オリンピック・ムーブメントの推進とスポーツの各分野で優れた成果をあげた選手や指導者の栄誉、功績を讃え令和元年度JOCスポーツ賞の「年度賞」「特別貢献賞」「女性スポーツ賞」において表彰者・団体を以下の通り決定しました。

 最優秀賞には、昨年の全英女子オープンで優勝し、42年ぶりとなる日本人史上2人目のメジャー制覇を達成したゴルフの渋野日向子選手が選ばれたほか、特別栄誉賞、優秀賞、特別功労賞、新人賞、特別貢献賞、女性スポーツ賞を含め、18選手・団体の表彰者が発表されました。


<年度賞>
【最優秀賞】

■ゴルフ
渋野日向子
全英女子オープン優勝
※42年ぶりとなる日本人史上2人目のメジャー制覇

【特別栄誉賞】
■水泳/競泳
瀬戸大也
第18回世界選手権 男子200m個人メドレー・男子400m個人メドレー1位、男子200mバタフライ2位
※2冠達成は2003年北島康介選手以来、日本人最多通算4個目の金メダル

■バドミントン
桃田賢斗
バドミントン世界選手権2019 男子シングルス1位
※日本男子初の大会2連覇、世界ランキング1位

【優秀賞】
■陸上競技
鈴木雄介
第17回世界陸上競技選手権大会 男子50km競歩1位
※日本競歩史上初

■体操/トランポリン
森ひかる
第34回世界トランポリン競技選手権大会 女子個人1位
※国際大会での日本人選手として初優勝

■スケート/スピードスケート
新濱立也
2020世界スプリントスピードスケート選手権大会 男子総合1位
※総合初優勝

■自転車
梶原悠未
2020UCIトラック世界選手権 1位
※同種目の日本選手優勝は初

【特別功労賞】
■体操/新体操
世界新体操選手権大会日本代表チーム
第37回世界新体操選手権大会 団体総合2位
※44年ぶりの銀メダル、オリンピック非種目ではあるが団体種目別ボール5で初の金メダル獲得

■レスリング
川井 梨紗子
シニア世界レスリング選手権大会 女子57kg級1位
※3連覇、リオデジャネイロオリンピックを含め4年連続世界1位

■柔道
世界柔道選手権大会男女混合団体戦日本代表
2019年世界柔道選手権東京大会 男女混合団体戦1位
※東京オリンピック新種目 3連覇

■スポーツクライミング
楢﨑智亜
FSCクライミング世界選手権2019八王子 複合1位
※複合では男女通じて日本勢初の世界一

【新人賞】
■テニス
望月慎太郎
ウィンブルドン選手権ジュニアの部 優勝
※4大大会のジュニアで日本人男子として史上初のシングルス優勝、ジュニア世界ランキング1位

■バレーボール
ジュニア世界選手権大会女子日本代表チーム
第20回女子U20(ジュニア)世界選手権大会 1位
※8戦全勝で大会初優勝

■スケート/フィギュアスケート
鍵山優真
第3回ユースオリンピック冬季競技大会 男子シングル 1位
※選手団旗手
ISU世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会2020 男子シングル2位

■アイスホッケー
ローザンヌ冬季ユースオリンピック女子日本代表チーム
第3回ユースオリンピック冬季競技大会 女子チーム1位
※同競技初の金メダル

■卓球
長崎美柚
2019世界ジュニア卓球選手権大会 女子シングルス・女子ダブルス1位、女子団体2位
※日本初のシングルス世界ジュニア女王

<特別貢献賞>
■水泳/競泳
藤本隆宏
JOC諸事業におけるオリンピック・ムーブメント活動への尽力、特にオリンピックコンサートのナビゲーターとして長年に亘り貢献

<女性スポーツ賞>
■バレーボール
一般社団法人全国ママさんバレーボール連盟
1964年東京オリンピックで活躍した監督、選手が中心になり、バレーボールの普及を目的に全国各地にママさんバレーを広め、お母さんがバレーを楽しむことにより子供たちのバレーボールに対する関心度が増し、底辺拡大に貢献
開催する大会はすべて女性の手によって運営し、トップアスリートとは違ったところで、女性の活躍の場を全国に広め、女性のパワーとコミュニケーションでバレーボールの普及、発展に貢献





ページトップへ