HOMEニュースマラソン、藤本が日本勢最高2位 福岡国際、モロッコのダザが初V

ニュース

マラソン、藤本が日本勢最高2位 福岡国際、モロッコのダザが初V

カテゴリ:オリンピック
2019.12.01
マラソン、藤本が日本勢最高2位 福岡国際、モロッコのダザが初V
日本人最高となる2時間9分36秒の2位でゴールする藤本拓=平和台陸上競技場(共同)

 東京五輪男子代表選考の対象となる福岡国際マラソンは1日、福岡市の平和台陸上競技場発着で行われ、30歳の藤本拓が2時間9分36秒で、日本勢最高の2位に入った。代表入りの条件となる日本陸連の設定記録(2時間5分49秒)には届かなかった。エルマハジューブ・ダザ(モロッコ)が2時間7分10秒で初優勝した。
 福田穣が2時間10分33秒で3位。川内優輝は12位、設楽啓太は14位、佐藤悠基は15位に終わった。
 今大会は五輪代表の残り1枠を争う3レースの初戦。代表には日本陸連の設定記録を突破した最速選手が選ばれ、該当者がいない場合は9月のMGCで3位の大迫傑に決まる。(共同)





ページトップへ