HOMEニュースJOCの就職支援「アスナビ」:溝口友己歩選手(陸上競技)、山﨑弥十朗選手(レスリング)、バティヴァカロロ ライチェル海遥選手(ラグビーフットボール)、君嶋愛梨沙選手(ボブスレー、スケルトン)の採用が決定

ニュース

JOCの就職支援「アスナビ」:溝口友己歩選手(陸上競技)、山﨑弥十朗選手(レスリング)、バティヴァカロロ ライチェル海遥選手(ラグビーフットボール)、君嶋愛梨沙選手(ボブスレー、スケルトン)の採用が決定

カテゴリ:就職支援
2019.11.08
JOCの就職支援「アスナビ」:溝口友己歩選手(陸上競技)、山﨑弥十朗選手(レスリング)、バティヴァカロロ ライチェル海遥選手(ラグビーフットボール)、君嶋愛梨沙選手(ボブスレー、スケルトン)の採用が決定
溝口友己歩選手(写真:フォート・キシモト)

 日本オリンピック委員会(JOC)が実施するトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用して、溝口友己歩選手(陸上競技)が「ホンダロジコム株式会社」に、山﨑弥十朗選手(レスリング)が「株式会社サイサン」に、バティヴァカロロ ライチェル海遥選手(ラグビーフットボール)が「セコム株式会社」に、君嶋愛梨沙選手(ボブスレー、スケルトン )が「株式会社土木管理総合試験所」に採用されました(2020年4月1日入社)。
 今回でアスナビを通じた採用は194社/団体302名となりました。
※詳細は下記、リンク先の「アスナビ」ページをご参照ください。

 溝口選手は2017年国民体育大会5000m競歩で3位、2018年日本陸上競技選手権大会20km競歩で5位に入ると、同年の日本学生陸上競技対校選手権大会10000m競歩でも3位になるなど今後の活躍が期待される選手の一人です。今回、採用が決まり「大学卒業後も競技を続けることができる環境をいただけたこと、心より感謝申し上げます。アスリートとして目標に向かって努力し続けると共に、一社会人としても自覚と責任を持ち、会社に貢献できるよう精一杯努めてまいります」と抱負を語りました。


JOCの就職支援「アスナビ」:溝口友己歩選手(陸上競技)、山﨑弥十朗選手(レスリング)、バティヴァカロロ ライチェル海遥選手(ラグビーフットボール)、君嶋愛梨沙選手(ボブスレー、スケルトン)の採用が決定
山﨑弥十朗選手(写真:アフロスポーツ)
JOCの就職支援「アスナビ」:溝口友己歩選手(陸上競技)、山﨑弥十朗選手(レスリング)、バティヴァカロロ ライチェル海遥選手(ラグビーフットボール)、君嶋愛梨沙選手(ボブスレー、スケルトン)の採用が決定
バティヴァカロロ ライチェル海遥選手(写真:アフロスポーツ)

 山﨑選手はレスリングのフリースタイル を専門とし、2017年世界ジュニア選手権74kg級で5位に入ると、2018年は全日本選抜選手権79kg級、世界大学選手権79kg級でともに2位になっています。さらに2019年はモンゴルオープン国際大会74kg級で3位の成績を残すなど国内外の大会で活躍しています。今回、採用が決まり「社会人になってもレスリングを続けることが出来るということは、とても幸せであり、感謝しかありません。これからは、ただ競技力が高いだけの選手になるのではなく、様々な人々から応援され、レスリングの魅力を伝えられる選手になっていきたいと思います。会社の皆様と共に戦い、オリンピックに出場してメダルを獲得出来るよう、努力していきます」と意気込みを述べました。

 バティヴァカロロ ライチェル海遥選手は2018年にワールドカップセブンズ2018に出場すると、同年の第18回アジア競技大会で優勝、アジアウィメンズセブンズシリーズで総合優勝など戦績を残している日本を代表するトップ選手の一人です。今回、採用が決まり「素晴らしい環境の中でラグビーに向き合うと共に、仕事と競技を両立させていきたいと思っております。社会人として、自分自身の能力を最大限に活かし様々な面で会社に貢献していきたいと思っております。アスリートとしては、一人でも多くの方にラグビーの魅力を知って頂き、勇気や希望を与えられるような選手になれるよう、より一層精進してまいります」と、競技と仕事での成長を誓いました。


JOCの就職支援「アスナビ」:溝口友己歩選手(陸上競技)、山﨑弥十朗選手(レスリング)、バティヴァカロロ ライチェル海遥選手(ラグビーフットボール)、君嶋愛梨沙選手(ボブスレー、スケルトン)の採用が決定
君嶋愛梨沙選手

 君嶋選手は2017年に世界選手権ボブスレー女子2人乗りで2位に入ると、2018年は全日本プッシュボブスレー選手権大会と全日本プッシュスケルトン選手権大会で優勝を飾るなどの実績を残しています。
 採用が決まり「社会人として、競技を続けるチャンスを頂き、心から感謝申し上げます。今後は、マルチスポーツアスリート、デュアルキャリアアスリートとして精進していくと共に、日本のスポーツ界に新たな風を吹かせるアスリートとして活躍したいと思います」と決意を新たにしていました。

 JOCでは今後も一人でも多くの選手と一社でも多くの企業が、双方にとってプラスになる雇用関係を実現出来るよう「アスナビ」を通じた就職支援を行っていきます。


前後のニュース




ページトップへ