HOMEニュース空手の植草歩「聖地で優勝する」 PL東京大会へ意気込み

ニュース

空手の植草歩「聖地で優勝する」 PL東京大会へ意気込み

カテゴリ:オリンピック
2019.09.04
空手の植草歩「聖地で優勝する」 PL東京大会へ意気込み
空手のプレミアリーグ東京大会に向けた記者会見でポーズをとる女子組手68キロ超級の植草歩(中央)。左は林晃・男子組手監督、右は中野秀人・女子組手監督=4日、東京都新宿区(共同)

 東京五輪で初実施される空手のプレミアリーグ東京大会(6〜8日・日本武道館)に出場する女子組手68キロ超級の植草歩(JAL)が4日、東京都内で記者会見し「武道の聖地で優勝する。素晴らしい試合を見せて、空手の面白さを多くの人に知ってもらいたい」と意気込みを語った。
 16年世界女王の植草は「五輪と同じ場所で来年をイメージできる。楽しみだ」と気合十分。1日に閉幕した柔道の世界選手権では男子66キロ級を制した丸山城志郎(ミキハウス)らの試合を日本武道館で観戦したそうで「ぴりぴりした雰囲気に刺激を受けた」と闘争心をかき立てた。
 今大会は五輪出場のためのポイント対象。(共同)





ページトップへ