HOMEニュース就職支援「アスナビ」:中山昂平選手(陸上競技)、中西啄真選手(陸上競技)の採用が決定

ニュース

就職支援「アスナビ」:中山昂平選手(陸上競技)、中西啄真選手(陸上競技)の採用が決定

カテゴリ:就職支援
2019.03.15
就職支援「アスナビ」:中山昂平選手(陸上競技)、中西啄真選手(陸上競技)の採用が決定
中山昂平選手(写真:アフロスポーツ)
就職支援「アスナビ」:中山昂平選手(陸上競技)、中西啄真選手(陸上競技)の採用が決定
中西啄真選手(写真:アフロスポーツ)

 日本オリンピック委員会(JOC)が実施するトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用して、中山昂平選手(陸上競技)が「渡辺パイプ株式会社」に、中西啄真選手(陸上競技)が「ニコニコのり株式会社」に採用されました(2019年4月1日入社)。
 今回でアスナビを通じた採用は176社/団体273名となりました。※詳細は下記、リンク先の「アスナビ」ページをご参照ください。

 中山選手は三段跳で2018年日本学生陸上競技対校選手権大会優勝をはじめ、同年織田幹雄記念国際陸上競技大会3位、同年セイコーゴールデングランプリ陸上4位、同年日本陸上競技選手権大会5位など活躍しています。今回、採用が決まり「感謝の気持ちを持ち続け、2020年東京オリンピックや、その先の国際大会等での活躍を目標に、覚悟をもって競技に取り組みます。入社後は、誰からも応援してもらえるアスリートとなれるよう日々努力するとともに、1人の人間としても成長し、会社に貢献していけるよう精一杯頑張ります」と抱負を述べました。

 中西選手はやり投で2015年日本学生陸上競技個人選手権大会優勝、同年日本学生陸上競技対校選手権大会優勝のほか、17年国民体育大会4位、18年日本陸上競技選手権大会3位などの成績を残しています。今回、採用が決まり「今後は、社会人アスリートとしての自覚をもち、競技と仕事に一生懸命に取り組んで参ります。また、これまでと同様、常に探究心を持ちながら、何事にも積極的にチャレンジ致します。そして、会社の皆様や応援してくださる方々と共に、2020年東京オリンピックをはじめ、国際大会での活躍を目指していきます。結果で恩返しが出来るよう、努力して参ります」と意気込みを語りました。

 JOCでは今後も一人でも多くの選手と一社でも多くの企業が、双方にとってプラスになる雇用関係を実現出来るよう「アスナビ」を通じた就職支援を行っていきます。


前後のニュース




ページトップへ