HOMEニュースフェンシング見延和靖が帰国 GP初制覇「自信になった」

ニュース

フェンシング見延和靖が帰国 GP初制覇「自信になった」

カテゴリ:その他競技情報
2019.03.12
フェンシング見延和靖が帰国 GP初制覇「自信になった」
フェンシングのグランプリ大会の男子エペを初制覇した見延和靖=12日、成田空港(共同)

 ブダペストで行われたフェンシングのグランプリ大会で、男子エペの日本勢として初制覇した31歳の見延和靖(ネクサス)が12日、成田空港に帰国し「勝たなきゃいけないところで勝てて自信になった。初物好きなのでうれしい」と充実の表情だった。
 大会前には他国の選手も集まったロシアで合宿。筋力向上をテーマに休みの日でもトレーニングを続け「誰よりも練習した。納得した準備ができた」と自信を持って臨んでの好結果だった。ちょうど東京五輪500日前に帰国し「タイミングがいい。五輪に縁があるかな」と笑った。(共同)





ページトップへ