HOMEニュース競泳の瀬戸「バタはベストを」 コナミOP前日練習

ニュース

競泳の瀬戸「バタはベストを」 コナミOP前日練習

カテゴリ:その他競技情報
2019.02.15
競泳の瀬戸「バタはベストを」 コナミOP前日練習
競泳のコナミオープンの前日練習後、取材に応じる瀬戸大也=15日、千葉県国際総合水泳場(共同)

 競泳のコナミオープン開幕前日の15日、会場の千葉県国際総合水泳場で出場選手が最終調整した。男子で200メートルバタフライと400メートル個人メドレーに出場する瀬戸大也(ANA)は「今年中に日本記録を更新するために、200メートルバタフライは自己ベストを出しておきたい」と意気込んだ。
 大会前は大阪府東大阪市の近大で合宿を敢行。年下の学生らと一緒にハードな練習をこなし、土台をつくってきた。
 女子の池江璃花子(ルネサンス)が白血病を公表した。「信じられなかった。2020年東京五輪出場を気にする声もあるが、焦らず、ゆっくり治してほしい」と神妙な面持ちで話した。(共同)





ページトップへ