HOMEニュースハーフパイプ、戸塚は2位 スノーボード世界選手権

ニュース

ハーフパイプ、戸塚は2位 スノーボード世界選手権

カテゴリ:その他競技情報
2019.02.09
ハーフパイプ、戸塚は2位 スノーボード世界選手権
スノーボードの世界選手権ハーフパイプ男子で2位になった戸塚優斗=パークシティー(ゲッティ=共同)

 【パークシティー(米ユタ州)共同】スノーボードの世界選手権は8日、米ユタ州パークシティーでハーフパイプ(HP)の決勝が行われ、男子は平昌冬季五輪代表で17歳の戸塚優斗(ヨネックス)が92・25点で2位に入った。日本勢が表彰台に立ったのは3大会ぶり。
 平昌五輪銅メダルのスコット・ジェームズ(オーストラリア)が97・50点で3連覇した。21歳の穴井一光(玉越ク)は75・75点の6位。五輪2大会連続銀メダルの平野歩夢(木下グループ)は出場していない。
 女子は平昌五輪代表の今井胡桃(プリオコーポレーション)が74・50点の7位だった。





ページトップへ