HOMEニュース羽生結弦「間に合うよう調整する」 全日本欠場も世界選手権代表入り

ニュース

羽生結弦「間に合うよう調整する」 全日本欠場も世界選手権代表入り

カテゴリ:その他競技情報
2018.12.25

 フィギュアスケート男子で右足首故障のため、全日本選手権を欠場した冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)は24日、これまでの実績で世界選手権(来年3月・さいたま)代表入りが決まり、日本スケート連盟を通じ「世界選手権に間に合うように頑張って調整する」とのコメントを出した。
 羽生はグランプリ(GP)シリーズ第5戦のロシア杯でフリー当日の11月17日の練習中に4回転ループの着氷に失敗して負傷した。痛み止めを服用した強行出場でGP2連勝を成し遂げたが、靱帯などの損傷で3週間の安静と患部固定、その後約1カ月のリハビリ加療を要する見込みと診断された。





ページトップへ