HOMEニュース空手、荒賀龍太郎らが意気込み プレミアリーグ最終戦を前に

ニュース

空手、荒賀龍太郎らが意気込み プレミアリーグ最終戦を前に

カテゴリ:オリンピック
2018.10.10
空手、荒賀龍太郎らが意気込み プレミアリーグ最終戦を前に
空手プレミアリーグ最終戦に向け意気込む荒賀龍太郎(前列左端)、清水希容(同左から3人目)ら日本代表=10日、東京都江東区(共同)

 世界各地を転戦する空手の賞金大会、プレミアリーグの今季最終戦となる東京大会(12〜14日・東京武道館)に臨む日本代表が10日、東京都内で記者会見し、ジャカルタ・アジア大会男子組手84キロ級覇者の荒賀龍太郎(荒賀道場)は「自国開催で注目度も高い。応援を力に変え強い組手を見せたい」と意気込んだ。
 今大会は2020年東京五輪出場権のポイント対象大会。来月には世界選手権(マドリード)も控えており、女子形の清水希容(ミキハウス)は「直前の大会になる。しっかり自分のコンディションを確かめたい」と話した。(共同)





ページトップへ