HOMEニュース世界柔道、混合団体で日本2連覇 今大会の金メダル「8」

ニュース

世界柔道、混合団体で日本2連覇 今大会の金メダル「8」

カテゴリ:その他競技情報
2018.09.27
世界柔道、混合団体で日本2連覇 今大会の金メダル「8」
柔道の世界選手権の男女混合団体決勝で、フランス選手に一本勝ちで2連覇を決めた向翔一郎(左端)を迎える(右から)原沢久喜、立川新、芳田司、大野陽子=27日、バクー(共同)
世界柔道、混合団体で日本2連覇 今大会の金メダル「8」
混合団体決勝 フランス選手(右)に一本勝ちし喜ぶ向翔一郎。日本が2連覇を果たした=バクー(共同)

 【バクー共同】柔道の世界選手権最終日は27日、バクーで2020年東京五輪の新種目となる男女混合団体戦が行われ、昨年初代王者の日本は決勝でフランスに4―1で快勝、2連覇を果たした。男女計7階級制覇の個人戦に加え、今大会は昨年と同じく金メダル8個の活躍だった。
 19チームが男女各3人の6人制で争った。日本は3試合を勝ち上がった決勝で、男子は100キロ超級3位の原沢久喜や団体戦要員の向翔一郎(ALSOK)と立川新(東海大)、女子57キロ級覇者の芳田司(コマツ)が勝利を挙げた。
 来年の世界選手権は9年ぶりの東京開催。日本武道館で8月25日〜9月1日に行われる。





ページトップへ