HOMEニュースラグビー、男子は準々決勝進めず 7人制W杯、女子初勝利

ニュース

ラグビー、男子は準々決勝進めず 7人制W杯、女子初勝利

カテゴリ:その他競技情報
2018.07.21
ラグビー、男子は準々決勝進めず 7人制W杯、女子初勝利
日本―ウルグアイ 前半、突進する橋野=サンフランシスコ(共同)
ラグビー、男子は準々決勝進めず 7人制W杯、女子初勝利
日本―ブラジル 前半、タックルを振り切りトライを決める大竹=サンフランシスコ(共同)

【サンフランシスコ共同】ラグビー7人制のワールドカップ(W杯)は20日、米サンフランシスコで開幕し、男子の日本は1回戦でウルグアイに33―7で勝ったが、続く2回戦は2016年リオデジャネイロ五輪金メダルのフィジーに10―35で敗れて準々決勝には進めなかった。
 女子の日本は1回戦でフランスに7―33で敗れて8強入りを逃したが、9〜16位決定予備戦でブラジルに19―14で勝ち、W杯出場3大会目で初勝利を挙げた。
 大会は男子が24チーム、女子は16チームが出場。大リーグ、ジャイアンツの本拠地、AT&Tパークを会場に、22日まで行われる。





ページトップへ