HOMEニューストランポリン、外村らが代表入り 世界選手権の最終選考会

ニュース

トランポリン、外村らが代表入り 世界選手権の最終選考会

カテゴリ:その他競技情報
2018.07.01
トランポリン、外村らが代表入り 世界選手権の最終選考会
男子決勝 1位だった外村哲也の演技=高崎アリーナ(共同)

 トランポリンの世界選手権(11月・サンクトペテルブルク)代表最終選考会は30日、群馬県の高崎アリーナで決勝が行われ、男子は2008年北京五輪4位の外村哲也(アムス・インターナショナル)が60・590点で1位となり、2位の伊藤正樹(東栄住宅)や堺亮介(星稜ク)岸大貴(ポピンズ)とともに代表入りを決めた。
 予選との合計で争った女子は2位の高木裕美(金沢学院大ク)や宇山芽紅(スポーツクラブ テン・フォーティー)松原知穂(アベノジュニアク)半田萌里(阪南大ク)が新たに代表入りした。
 女子1位の森ひかる、男子の上山容弘は5月に、代表に決まっていた。(共同)





ページトップへ