HOMEニュース男子100、桐生や山県ら決勝へ 女子1万は松田連覇、日本陸上

ニュース

男子100、桐生や山県ら決勝へ 女子1万は松田連覇、日本陸上

2018.06.22
男子100、桐生や山県ら決勝へ 女子1万は松田連覇、日本陸上
男子100メートル準決勝 力走する桐生祥秀(左端)、ケンブリッジ飛鳥(左から2人目)ら=維新みらいふスタジアム(共同)

 ジャカルタ・アジア大会代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権第1日は22日、山口市の維新みらいふスタジアムで行われ、男子の100メートル準決勝は1組の桐生祥秀(日本生命)が10秒16、2組の山県亮太(セイコー)は10秒19で、それぞれ1着となり、23日の決勝に進んだ。1組でケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒24の2着、多田修平(関学大)は10秒31の3着で通過した。
 女子の1万メートルで松田瑞生(ダイハツ)が鈴木亜由子(日本郵政グループ)に競り勝ち、31分52秒42で2連覇。(共同)





ページトップへ