HOMEニュース柔道、原沢が3年ぶり2度目V 全日本選手権、王子谷倒す

ニュース

柔道、原沢が3年ぶり2度目V 全日本選手権、王子谷倒す

カテゴリ:その他競技情報
2018.04.29
柔道、原沢が3年ぶり2度目V 全日本選手権、王子谷倒す
決勝で王子谷剛志(左)を攻める原沢久喜。延長の末、反則勝ちで3年ぶりの優勝を果たした=日本武道館(共同)

 体重無差別で争う柔道の全日本選手権は29日、東京・日本武道館で世界選手権(9月・バクー)男子100キロ超級の代表最終選考会を兼ねて行われ、2016年リオデジャネイロ五輪男子100キロ超級銀メダルで25歳の原沢久喜(日本中央競馬会)が、決勝で3連覇を狙った王子谷剛志(旭化成)に延長の末に反則勝ちし、3年ぶり2度目の優勝を果たした。
 決勝は9分16秒に及ぶ大熱戦。原沢は前に出る気迫の攻撃を続け、指導を三つ引き出した。
 3位は21歳の小川雄勢(明大)と、12年覇者で32歳の加藤博剛(千葉県警)。(共同)





ページトップへ