HOMEニュース就職支援「アスナビ」:長谷川暁子選手(ビーチバレー)、金子和也選手(パラ卓球)の採用が決定

ニュース

就職支援「アスナビ」:長谷川暁子選手(ビーチバレー)、金子和也選手(パラ卓球)の採用が決定

カテゴリ:就職支援
2018.03.29
就職支援「アスナビ」:長谷川暁子選手(ビーチバレー)、金子和也選手(パラ卓球)の採用が決定
長谷川暁子選手
就職支援「アスナビ」:長谷川暁子選手(ビーチバレー)、金子和也選手(パラ卓球)の採用が決定
金子和也選手

 日本オリンピック委員会(JOC)が実施するトップアスリートの就職支援ナビゲーション「アスナビ」を活用して、ビーチバレーの長谷川暁子選手が「エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社」に、パラ卓球の金子和也選手が「TMI総合法律事務所」に採用されました(2018年4月1日付入社)。
 今回でアスナビを通じた採用は142社/団体213名となりました。※詳細は下記、リンク先の「アスナビ」ページをご参照ください。

 長谷川選手は2017年FIVBワールドツアーガディール大会2位、17年イタリアチャンピオンシップヴィエステ大会優勝、17年ビーチバレージャパン優勝など、国内、海外で実績を残している選手です。
 採用が決まり「社員の皆さまや地域の方々、応援して下さる全ての方に感動やエネルギーを感じて頂ける選手になりたいと思っています。未来を見据え、継続する忍耐を鍛え、目標を達成する喜びを伝えられるように日々のトレーニングに精進していきます」と、気持ちを新たに抱負を語りました。

 金子選手は09年アジアユースパラゲームズシングルス優勝をはじめ、17年スペインオープン シングルス2位、17年国際クラス別パラ卓球選手権大会シングルス4位など、長くトップ選手として国際大会で活躍しています。
 採用が決まり「競技活動により集中して取り組むことができる環境をいただき、心より感謝致します。『続ければ本物になる』をモットーに、私の目標であるパラリンピックでの金メダル獲得を目指して、日々挑戦していきます」と、意気込みを述べました。

 JOCでは今後も一人でも多くの選手と一社でも多くの企業が、双方にとってプラスになる雇用関係を実現出来るよう「アスナビ」を通じた就職支援を行っていきます。





ページトップへ