HOMEニュース体操W杯、床運動で加藤凌平3位 予選トップの佐藤巧は4位

ニュース

体操W杯、床運動で加藤凌平3位 予選トップの佐藤巧は4位

カテゴリ:その他競技情報
2018.03.24
体操W杯、床運動で加藤凌平3位 予選トップの佐藤巧は4位
男子床運動決勝 加藤凌平の演技=ドーハ(共同)

【ドーハ共同】体操の種目別で争うワールドカップ(W杯)第3日は23日、ドーハで決勝前半が行われ、男子床運動では2016年リオデジャネイロ五輪団体総合金メダルの加藤凌平(コナミスポーツ)が14・200点で3位に入った。予選1位の佐藤巧(徳洲会)が14・133点で4位。
 あん馬では加藤は落下が出て、12・366点で8位だった。つり輪では神本雄也(コナミスポーツ)が14・433点で6位に終わった。
 女子段違い平行棒では梶田凪(山梨ジュニアク)が12・866点で7位だった。





ページトップへ