HOMEニュース桐生選手が東洋大卒業 「充実の4年間だった」

ニュース

桐生選手が東洋大卒業 「充実の4年間だった」

カテゴリ:その他競技情報
2018.03.23
桐生選手が東洋大卒業 「充実の4年間だった」
東洋大を卒業した陸上の桐生祥秀選手(右)と競泳の大橋悠依選手=23日午前、東京・日本武道館(共同)

 陸上男子100メートルで日本人初の9秒台となる9秒98をマークした桐生祥秀選手が23日、東京都千代田区の日本武道館で行われた東洋大の卒業式に出席し「大学に入って9秒台を出せたこともうれしいが、ベストを更新できたことが(一番)うれしい。陸上を除いても充実した4年間だった」と学生生活を振り返った。
 桐生選手は日本生命と4月1日からの所属契約を結んでいるが、2020年東京五輪までは引き続き土江寛裕コーチの下で東洋大を拠点とする。
 昨年の競泳世界選手権女子200メートル個人メドレーで銀メダルを獲得した大橋悠依選手も卒業した。(共同)





ページトップへ