大会

HOME大会ユースオリンピック競技大会南京ユースオリンピック2014ニュース南京ユース五輪、選手団が結団式 「一致団結」と村松主将

第2回ユースオリンピック競技大会(2014/南京)

ニュース

南京ユース五輪、選手団が結団式 「一致団結」と村松主将

2014.08.12
南京ユース五輪、選手団が結団式 「一致団結」と村松主将
第2回ユース五輪の結団式を終え、ガッツポーズする主将の村松雄斗(右)と旗手の山口茜=12日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(共同)

 中国の南京で第2回ユース五輪が16日に開幕するのを前に日本選手団の結団式が12日、東京都内で行われ、主将で卓球男子の村松雄斗(エリートアカデミー)は「チームジャパンとして一つになれるように一致団結していきたい」と決意を語った。
 大会は14〜18歳の選手が対象。競技の他に国際交流の促進や五輪精神を学ぶための「文化教育プログラム」が実施され、村松は「さまざまな国や地域の人と交流し、成長したい」と意欲を見せた。藤原庸介団長も積極的な交流を促し「友好第一、試合も第一でやっていきたい」と話した。選手団は13日に南京へ出発する。(共同)









ページトップへ