HOME大会ユニバーシアード競技大会イズミルユニバーシアード2005ニュース【イズミル大会・サッカー】男子日本チームPK戦の末金メダル獲得!

第23回ユニバーシアード競技大会(2005/イズミル)

ニュース

【イズミル大会・サッカー】男子日本チームPK戦の末金メダル獲得!

2005.08.22
【イズミル大会・サッカー】男子日本チームPK戦の末金メダル獲得!
写真提供:アフロスポーツ
【イズミル大会・サッカー】男子日本チームPK戦の末金メダル獲得!
写真提供:フォート・キシモト

8月20日、第23回ユニバーシアード競技大会のサッカー男子決勝で、日本チームは前半3-2でイタリアチームをリードしたが、後半追い付かれ延長戦を行ったが決着がつかずPK戦にもつれ込んだ。PK戦を3-2で日本が制し金メダルを獲得した。
これで日本チームは北京大会、テグ大会に続いてユニバーシアード3大会連続「金」となった。

金メダルを獲得した日本チームの選手は次の通り。
赤星拓選手(福岡大学)、徳永悠平選手(早稲田大学)、小宮山尊信選手(順天堂大学)、秋葉陽一選手(筑波大学)、登尾顕徳選手(福岡大学)、池上礼一選手(仙台大学)、伊野波雅彦選手(阪南大学)、兵藤慎剛選手(早稲田大学)、赤嶺真吾選手(駒澤大学)、藤本淳吾選手(筑波大学)、原一樹選手(駒澤大学)、時久省吾選手(早稲田大学)、廣井友信選手(駒澤大学)、衛藤裕選手(福岡大学)、金澤大将選手(東京学芸大学)、辻尾真二選手(中央大学)、小松塁選手(関西学院大学)、飯塚渉選手(流通経済大学)、巻佑樹選手(駒澤大学)、高橋大輔選手(福岡大学)



ページトップへ