HOME大会オリンピック競技大会トリノオリンピック2006ニュース【カーリング】日本チーム初戦は惜しくもロシアに逆転される

第20回オリンピック競技大会(2006/トリノ)

ニュース

【カーリング】日本チーム初戦は惜しくもロシアに逆転される

カテゴリ:オリンピック
2006.02.15
【カーリング】日本チーム初戦は惜しくもロシアに逆転される
ロシアチームと接戦を演じた日本チーム(写真提供:アフロスポーツ)

大会5日目2月14日、ピネロロ・パラギアチョでカーリング女子予選1次リーグの初戦が行われ、日本チームは小野寺歩選手、林弓枝選手、本橋麻里選手、目黒萌絵選手が出場した。

日本はロシアを相手に接戦を演じ、第9エンドまで5−4とリードしていたが、最終第10エンドで3点を奪われ、5-7と逆転され、惜しくも初戦を飾れなかった。
1次リーグは10チームが総当たり戦を行い、上位4チームが準決勝に進出する。日本は同日の現地時間19時から、強豪アメリカと対戦する。初勝利を期待したい。









ページトップへ