HOME大会オリンピック競技大会トリノオリンピック2006ニュース【カーリング】日本チームは第2戦で米国チームに勝利

第20回オリンピック競技大会(2006/トリノ)

ニュース

【カーリング】日本チームは第2戦で米国チームに勝利

カテゴリ:オリンピック
2006.02.15
【カーリング】日本チームは第2戦で米国チームに勝利
米国戦での日本チーム(写真提供:フォート・キシモト)

2月14日、ピネロロ・パラギアチョでカーリング女子1次リーグの第2戦が行われた。
この試合の出場選手は、小野寺歩選手、林弓枝選手、本橋麻里選手、寺田桜子選手。
日本は昨年の世界選手権2位の米国と対戦。高い技術の応酬となり、日本チームは延長の末11エンドで6−5として米国チームに競り勝ち、1勝1敗となった。

同じ日の初戦で、惜しくもロシアに5−7で逆転負け。小野寺選手は「今後につながる試合だった」と振り返り、第2戦に前向きに臨んだ結果だった。
2連覇を狙うイギリスは、2連勝と好スタートをきっている。

1次リーグは10チームが総当たり戦を行い、上位4チームが準決勝に進出する。
日本女子チームは長野冬季オリンピックで5位、前回のソルトレークシティー冬季オリンピックは8位。今大会では予選ラウンドを突破し、メダルゲームに出場することを目指している。









ページトップへ