HOME大会オリンピック競技大会トリノオリンピック2006ニュース【リュージュ】男子2人乗りに林部選手・戸城選手組が出場

第20回オリンピック競技大会(2006/トリノ)

ニュース

【リュージュ】男子2人乗りに林部選手・戸城選手組が出場

カテゴリ:オリンピック
2006.02.16
【リュージュ】男子2人乗りに林部選手・戸城選手組が出場
林部選手(左)と戸城選手(写真提供:アフロスポーツ)

2月15日、チェザーナ・パリオルでリュージュ男子2人乗りが行われ、日本の林部吾郎選手・戸城正貴選手組が出場した。

全長1233mのコースで行われるこの種目は、2本の合計タイムで順位が決まる。1回戦が終了した時点で日本チームは48秒067で12位。2回戦は47秒793で8位まで順位を上げたが、合計タイム1分35秒860で、最終順位は12位だった。
初出場の2選手だが、息の合った滑走を見せ、今大会では入賞を目標としていた。
優勝は、オーストリアのアンドレアス・リンガー、ウォルフガング・リンガー組。









ページトップへ