HOME大会オリンピック競技大会トリノオリンピック2006ニュース【カーリング】日本は前回大会の覇者・英国に快勝!

第20回オリンピック競技大会(2006/トリノ)

ニュース

【カーリング】日本は前回大会の覇者・英国に快勝!

カテゴリ:オリンピック
2006.02.20
【カーリング】日本は前回大会の覇者・英国に快勝!
英国に快勝し喜ぶ日本チーム(写真提供:アフロスポーツ)

2月19日、ピネロロ・パラギアチョでカーリング女子1次リーグが行われ、日本はソルトレークシティー冬季オリンピック金メダルの強豪、英国を10-5で破り、通算成績を3勝4敗とした。

日本チームは負ければ1次リーグ敗退が決まる後のない試合に、小野寺歩選手、林弓枝選手、本橋麻里選手、目黒萌絵選手で臨んだ。
日本は第2エンドで2点を先行すると、第5エンドには相手のミスに乗じて3点を追加、中盤で5点をリードした。
第8エンドには英国に5-7と2点差まで追い上げられたが、第9エンドで3点を奪い、逆転を狙った英国に5-10と決定的な差をつけた。
日本チームは終始優位に試合を進め、最終エンド前に勝利を決めた。

16日に4戦を終えた段階で日本は1勝3敗の成績だったが、ここ2試合は、長野オリンピック冬季大会優勝で今大会金メダル候補のカナダを破り、昨年の世界選手権覇者で現在首位のスウェ−デンに延長戦で惜敗するなど、調子を上げてきた。
準決勝進出まで1敗もできない厳しい状況は続くが、小野寺選手はこの試合に勝ち「自分たちのペースで試合が運べた。見た目は弱そうな私たちだが、力をみせることができた」と喜んだ。

日本は20日、現地時間午前にイタリアと、午後スイスと対戦する。
1敗のスウェ−デンと2敗のスイスは、リーグ戦1試合を残して準決勝進出を決めた。









ページトップへ