HOME大会オリンピック競技大会トリノオリンピック2006ニュース【クロスカントリー】女子スプリント、日本は準決勝進出ならず

第20回オリンピック競技大会(2006/トリノ)

ニュース

【クロスカントリー】女子スプリント、日本は準決勝進出ならず

カテゴリ:オリンピック
2006.02.23
【クロスカントリー】女子スプリント、日本は準決勝進出ならず
夏見円選手(写真提供:アフロスポーツ)
【クロスカントリー】女子スプリント、日本は準決勝進出ならず
福田修子選手(写真提供:アフロスポーツ)

2月22日、プラジェラート・プランでクロスカントリー女子スプリントの予選・決勝が行われ、総勢66人の選手が競い合った。
タイムトライアルの予選を通過した30人が準々決勝に進出できる。
日本からはチームスプリントで8位に入り、日本の女子クロスカントリー史上初のオリンピック入賞を果たした、夏見円選手と福田修子選手が出場した。

26番スタートの夏見選手は2分16秒30の15位、27番目スタートの福田選手は2分17秒82の28位で、ともに予選を通過した。
準々決勝では、夏見選手が第3組、2分19秒9で4着、福田選手が第5組、2分18秒2で5着となり、各組2位までが進む準決勝進出はならなかった。
最終順位は、夏見選手が17位、福田選手が24位だった。
優勝は2分12秒3でクロフォード選手(カナダ)。









ページトップへ