大会

HOME大会オリンピック競技大会東京オリンピック2020ニュース射撃会場、恒常化を要望へ 東京五輪でクレー協会

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)

ニュース

射撃会場、恒常化を要望へ 東京五輪でクレー協会

カテゴリ:オリンピック
2014.08.29

 日本クレー射撃協会は29日の理事会で2020年東京五輪の射撃会場について協議し、現在の計画の仮設ではなく五輪後も強化拠点として活用できる恒久施設を残すよう求めることを決めた。今後日本ライフル射撃協会と話し合い、大会組織委員会に要望書を提出する方針。
 招致段階の計画では、射撃は陸上自衛隊朝霞訓練場に44億円で仮設施設を建てるが、大江直之事務局長は「(建設する施設のうち)少しでもいいから五輪後の強化のために残してほしい」と話した。誘致の動きがある岩手県花巻市や静岡県御殿場市などを、代替会場として組織委に提案できるかも検討するという。(共同)



ページトップへ