大会

HOME大会オリンピック競技大会東京オリンピック2020ニュース上空の五輪マーク再現ならず ブルーインパルス、都心を飛行

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)

ニュース

上空の五輪マーク再現ならず ブルーインパルス、都心を飛行

カテゴリ:オリンピック
2021.07.23
上空の五輪マーク再現ならず ブルーインパルス、都心を飛行
都心の上空に五輪マークを描く航空自衛隊の「ブルーインパルス」=23日午後0時49分(共同通信社ヘリから)
上空の五輪マーク再現ならず ブルーインパルス、都心を飛行
JR東京駅の上空を飛行する航空自衛隊の「ブルーインパルス」=23日午後0時53分(共同)

 航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が23日、東京五輪開会式会場の国立競技場上空に五輪マークを描く飛行に挑んだ。だが雲と重なってはっきりせず、カラースモークは風に流されて、青空にくっきり描いた1964年の開会式の再現とはならなかった。
 ブルーインパルスは23日午後0時20分ごろ、埼玉県の入間基地を離陸。6機編隊はカラースモークで青、黄、黒、緑、赤の線を引きながら都心を周回し、同50分ごろ、五輪マークを描く飛行に入った。
 国立競技場周辺では、機体が見えると一斉にスマートフォンが向けられ、旋回すると「おおー」とどよめきが起きた。(共同)


上空の五輪マーク再現ならず ブルーインパルス、都心を飛行
5色のカラースモークを出して都心上空を飛行する航空自衛隊の「ブルーインパルス」=23日午後0時42分、東京都港区(共同)



ページトップへ